らくぶろ!略さず言うとらくブログ!です

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくぶろ!略さず言うとらくブログ!です

新宿で働くIT系社内SEのゲームとかアニメとか生活雑談ブログ


新日本プロレスがとにかく今熱い!内藤哲也が凄い!

プロレス 雑談

 今日はプロレスの話しをつらつらと書いていきますm(_ _)m

いつだったか、僕は小さい頃(中学生くらい?)にテレビでプロレスを見るのにはまってました。

日本テレビでは『全日本プロレス』を、テレビ朝日では『新日本プロレス』を、またまたテレビ埼玉(現:テレ玉)では『WWE(当時はWWF?)』を毎週欠かさず深夜に見ておりました。
また、高校時代には同級生のプロレス好き友達と全日本女子プロレスも見に行ったりもしました。

プロレスを見始めたのは?

見始めたのが全日本だったからか、どちらかと言うと新日本より全日本を良く好み、ジャイアント馬場の愛弟子達である「三沢光晴」、「川田利明」、「小橋健太」、「田上明」の四天王時代をよく見ていたと記憶があります。

新日本は?

記憶も曖昧ですが見ていて「試合の出来レース感」と「実力」が合わずあまり好きじゃありませんでした。ブックを演じるのも実力が無いと盛り上がってこないんですよね。


そして時は流れ

全日本から三沢を筆頭に大量離脱が行われNOAHが結成され。三沢ファンの僕は当然そのままNOAHのファンになり好んで見てました。

 

NOAH全盛期

「丸藤正道」や「KENTA」のジュニア勢も勢いにのり、ヘビーの四天王(川田に変わり秋山準)勢も勢いに乗っていた頃に他団体との対抗戦等も積極的に行われ技術も見応えもやっぱNOAHだなーと思っていました。
小橋と佐々木健介の水平チョップ合戦は今でも覚えてますね。←見に行った。

その頃新日本は・・・

新日本の第3世代と言われていた、永田や中西、テンコジ(天山、小島)が活躍してたから、やっぱり僕にはパッとしませんでした。少しづつ台頭してきていた新闘魂三銃士(棚橋弘至・中邑真輔・柴田勝頼)には一目を置いてました。ちなみに闘魂三銃士とは、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也のことです。
今でも偉大な3人ですね。
NOAHの方が実力もあるのに新日本は知名度だけでちやほやされやがってとやっぱりあんま好きじゃありませんでした。

そして悲しい事件が・・・

三沢が試合中に不慮の事故で死亡するというとてもショッキングな事故が起こってしまいました。当時NOAHの社長と看板選手という事もあり色々な心労のせいであったと言われてました。
プロレスは本当に何があるかわからないですね、あの受け身の名手である、2代目元・タイガーマスクの三沢光晴が試合中にバックドロップを受けそんな事になるわけですから。

 

www.youtube.com

 


レスラーとしても一人間としても好きだった三沢が亡くなりとても僕はショックでした。
勢いのあったNOAHも社長と人気看板を失い、失速していきました。

プロレスも見なくなっていき・・・

僕も社会人になりまして、忙しかったりテレビでプロレスもやらなくなったりで自然と距離が開くようになりました。

そして現在!

AmebaTVが話題になってきた頃に興味本位で見てみた所、格闘技チャンネルが結構あったり、新日本プロレスもやってたりしました。

新日本かー今どんな感じ何だろう?
暇だし見るかー

そんな軽い気持ちで見てしまったが最後でした。

なんだこの白スーツのホストまがいなやつは!!
新日本も経営が色々と変わって大変なんだなーと思ってたのだが、

「あれ、試合が面白いぞッ!」

僕は初めて見る選手でした。その男の名は

ロス・インゴベルナブレス・デハポンの

(スペイン語で日本の制御不能な奴ら)



「内藤哲也」!!!

f:id:r4ku:20170206222558j:plain





この男どこが武藤の面影を残しつつもヒールレスラーである(武藤もある種ヒールか

序盤は相手を焦らしたりとヒールキャラなのだが、グラウンド技術は本物で中盤以降はちゃんとプロレスしてます。

しかも完全に見る人を虜にして、ヒールが正義に見えてくるからあら不思議。

あの獣神サンダー・ライガーも認める”すばら”な体幹力

今は内藤の他に、圧倒的正義力「オカダ・カズチカ」や「後藤洋央紀

他にももはやベテランになってしまったが棚橋もいる。外人勢もそろってる。

中邑真輔はWWEに行ってしまったがまだまだ層は厚いと感じる

ジュニアにはKUSHIDAの長期政権になるかと思ったけど、それを破った高橋ヒロムと層が厚いですね。

内藤哲也デビュー10周年記念DVD NAITO 10 ANIVERSARIO

内藤哲也デビュー10周年記念DVD NAITO 10 ANIVERSARIO

 

 

内藤哲也という男

この男ヒールですが、たぶん根は真面目です(笑

プロレスラーのヒール役の人は意外と真面目な人が多いですよね。

これはあくまでも僕の分析なのですが、「2016年度プロレス大賞」でMVPを受賞した際のコメントたぶんめっちゃ練習したんだと思うんです。

この人のマイクアピールは今プロレス界でNO1だと思いますが、その裏では恐らく

凄い練習してるのではないかと予想してます(笑

 

この動画を見るとわかりますが、会場とその後で言ってることが一文一句同じです笑

www.youtube.com

 

まとめると・・

今の新日本は見に行く価値あり!
というか内藤がスター性ありまくりで見に行きたい!
一緒に

「トランキーロ あっせんなよ」
「ロース・インゴベルナブレス・デ・ハ・ポン!」


をやりたい!

今年は試合見に行くぞー

 

 

ちなみにNOAHは丸藤が頑張ってるけど、まだまだこれからって感じですね。

とにかく今は新日本一強な感じがします。

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ