らくぶろ!略さず言うとらくブログ!です

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくぶろ!略さず言うとらくブログ!です

新宿で働くIT系社内SEのゲームとかアニメとか生活雑談ブログ


【話題沸騰していた2016秋アニメ】ユーリ!!! on ICE 感想


『LUPIN the Third -峰不二子という女』の監督「山本沙代」といいともにも出ていた「モテキ」等で知られる「久保ミツロウ」が脚本とキャラクターデザインで作られた2016秋アニメの『ユーリ!!! on ICE』がネット上や、ニコニコなどでも人気が高く気になっていた所、Amazonプライムビデオにて見れたのでサクッと全話見てみました。

(Netflixには1/17現在のところ無し)

 

 


と言っても全12話の作品なのでテンポも早くサクッと見れます。
1クールの作品ってテンポが早くて好きです。

 

 

 

でまぁご存知かとは思うのですが、この作品は
男子フィギュアスケート
を題材にした作品です。

あらすじ

ユーリ!!! on ICE - Wikipedia

詳しくはWikiとか見ていただきたいが、日本の23歳の強化選手である「勝生勇利(ゆうり)」とジュニア金メダリストの「ユーリ・プリセツキー」の二人の【ユーリ】を中心に二人の憧れである世界トップ選手「ヴィクトル・ニキフォロフ」がひょんなことから勇利のコーチになって進んでいきます。

何故話題だったのか?

作品としても本格的なフィギュアスケートの内容で面白かったしアニメーションも素晴らしかったが、それ以上にホ○おっと、腐女・・おっとBL要素が強いだけに色々な各方面で取り上げられたようです。

具体的に書くと(ちょいネタバレ)

あまり言うとネタバレになってしまうのでよく話題になってたのはコーチ(男)と選手(男)のキスシーン等があったり、さらに終盤ではもっと強烈なものがあったりと色々と攻めた内容になってました。

一般人(僕)が想像するスケート世界のイメージ

  • フィギュアスケート界って結構特殊なイメージで、美男美女が子供の頃から始めるもので、しかもある程度の家庭階級が高く無いとできない
  • コーチとは親密な関係で、実際想像以上のスキンシップがある
  • 女子なんかは特にある程度の色気を出すために、コーチなのか恋人なのか、そういう役目の人なのかはわからないが、あはんうふーん的な事をやってる

※全て僕の勝手なイメージです

特に良かった点

アニメーション(特にモーション)が良い


色々な選手の演技を全て振り付けてるのですが、一切の3Dを使わずに表現してる。最初は最近良くある3D風の2D絵かと思ってたのですが、違うようです。つまりモーションも全てのキャラで付けているので、これはアニメーター死亡クラスだったのではと思う内容でした。

 

音楽が素晴らしい。

オープニングから勇利の演技楽曲から素晴らしい音楽、特にオープニング「History Maker」はディーン・フジオカ氏が歌・作詞と作曲を行っており、特色のある感じに仕上がっています。

History Maker

History Maker

 
History Maker

History Maker

  • DEAN FUJIOKA
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
愛について~Eros~

愛について~Eros~

  • 松司馬拓 (feat. 沖仁)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

まとめ

フィギュアって採点方法が曖昧だったり審判買収疑惑とかあったりして個人的に良いイメージはなかったのですが、採点方法が少し詳しくなったり、選手はこういう事を考えているのかなというのが少し分かったので、羽生君とかも頑張ってるしもうすこし興味を持って今後見れたらなと思います。

ユーリ!!! on ICE マッカチン ティッシュケース

ユーリ!!! on ICE マッカチン ティッシュケース